GPZ900Rのカスタム3 − キャブレター交換

スポンサードリンク
GPZ900Rをカスタマイズする上で人気の高いキャブレターとしては、やはりKEIHIN(ケーヒン)のFCRとMIKUNI(ミクニ)のTMRが筆頭にあげられます。

どちらのキャブレターも様々なベンチュリー径のものが選べるラインアップになっているので、自分のGPZ900Rに求めるエンジン特性やチューンの度合いによって選べるのが魅力ですよね。

ただ、後々のメンテナンスを考えると、購入するルートに注意することが大切で、自分でセッティングするような場合を想定しているなら、的確なアドバイスが得られて、ジェット類のパーツが豊富なショップでの購入をおススメします。

特にメインジェットは比較的入手しやすくても、スロージェットまで常時在庫を持っているショップはそれほど多くないので、そのあたりの状況も目線に入れてショップを選ぶようにすると良いでしょう。

またGPZ900Rの場合、キャブレター交換をすることによって、純正のフュエルコックの交換を余儀なくされる(キャブレターと干渉するため)こともありますし、レーシングキャブレターはパーツの消耗度合いが純正品よりかなり大きいため、そういった面での二次的な出費も考慮した上で交換することが必要になってきます。
posted by A7 | GPZ900Rのカスタム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。