GPZ900R A7〜A11

スポンサードリンク
GPZ900R登場以来、一大変革といえる改良が施されたのが1990年に登場したモデルコードZX900-A7。

そもそもこの年以前、1986年に登場したGPZ1000RXや1988年に登場したZX10によって実質的にフラッグシップの座を奪われていて、生産中止の噂もあったGPZ900Rでしたから、この改良版が登場した時は嬉しかったですね。

パワー面ではA4で115psから110psに落とされた最高出力がさらに108psに落とされてしまいましたが、フロントホイールが17インチ化され、さらにリアタイヤが130から150へとワイドトレッド化、フロントフォークが大径化(これに伴いAVDSは廃止)されるなど、時代のニーズに合った正常進化ともいえる改良が施されての登場でしたから惚れ直しました(^^;。

そして翌1991年にはオーバー750ccの国内販売自主規制が撤廃され、国内版のGPZ900R、モデルコードZX900-A8(最高出力は86ps)が初登場。このA8の欧州仕様車は1997年まで持ち越され、ZX9-Rの登場もあってそこで販売中止となっています。

国内仕様は1992年のA-9、そして1993年のA-10とカラーリングの変更はあったものの、それ以降は1997年まで持ち越し。1998年になってようやくA-11を登場させますが、これも海外向けがマレーシア仕様のみとされた他には、A10から基本的に変更はありません。

このあたりになってくると、まるで”敗戦処理”のような改良のみになってきて、当時は「そこまでして・・・」という気がしなかったわけでもないんですが、今では、そこまでして延命するほど人気があったという証明であったという気もします。

因みに私が乗っているのは、先ほど「惚れ直した」と言及したモデル。そう、A7(欧州仕様)です。ミラーだけはZX10と共通のミラーが気に入らなくてA6以前のミラーに付け替えていますが、実に素直で乗りやすいのが気に入っています。夏場のエンジン熱対策だけは何とかしなければ・・・と思っていますけどね。

【KAWASAKI ZX900-A7 基本スペック】

最高出力: 108ps/9,500rpm
最大トルク: 8.5kg-m/8,500rpm
全長×全幅×全高: 2,220×730×1,220mm
ホイールベース: 1,500mm
シート高: 790mm
乾燥重量: 234kg
フロントタイヤ: 120/70V17-V250 or 120/70ZR17
リアタイヤ: 150/70V18-V250 or 150/70ZR18
posted by A7 | GPZ900Rモデル変遷
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。