GPZ900R A2〜A6

スポンサードリンク
初登場した翌年の1985年に発売されたモデルコードZX900-A2が、GPZ900Rが登場することでファンの間では有名な映画「トップ・ガン」で使用されたモデル(北米仕様)。トム・クルーズが映画全編でNinjaをカッコよく乗り回しているのが印象的でしたね。映画より随分後かつ私的な話になりますが、私自身が限定解除をしてGPZ900Rを買ったのも、この映画の影響が大きいんです。

その翌年の1986年モデルがA3になりますが、このモデルは各国向けのカラーリング変更以外は目立った変更はありません。ただ、北米仕様はこのモデルが最終型となっています。

1987年のA4になって、輸出先の規制等の理由からフルパワー仕様がそれまでの115psから110psにパワーダウン。1988年のA5ではカムチェーン・テンショナーの見直しやフロント・ディスクローターの排熱孔を増やすなど機構面での改良が施されます。面白いのは、西ドイツ(当時)仕様で、何故かサイドカバーに国旗マーク入り。

そして迎える1989年、最期のフロント16インチとなるA6が登場。このモデルも大きな変更はありませんでしたが、英国仕様など一部の仕様車に、キャブレターをラジエター液で暖めるための装置が付加されています。私もバイクショップでこの装置が付いているGPZ900Rを何度か見かけて、不思議に思い店員さんに尋ねたことがありますが、こういった細かい部分ひとつひとつを見ても、GPZ900Rがいかに多くの国の需要に対応していたか、つまり人気であったかがわかりますよね。
posted by A7 | GPZ900Rモデル変遷
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。